多くの女性が悩んでいる

夫婦

尿失禁の症状の中で最も多いのが、腹圧性尿失禁です。私たちはお腹に力がかかると、骨盤底筋という筋肉が尿道を締めることで尿失禁を防いでいます。この骨盤底筋が弱ってしまうと、尿道を締める力も弱まります。このような状態でくしゃみや咳などをすると、尿が漏れてしまうというメカニズムを担っているのです。女性は出産を経験することで、この骨盤底筋が弱まってしまうことがあります。女性に尿失禁の症状が多いのも、この出産による骨盤底筋の緩みが原因であると考えられています。骨盤底筋が弱まる原因は、出産以外にも加齢や肥満、女性ホルモンのバランスの崩れなどがあるとされています。

尿失禁を治すには、まずその原因を突き止めることが必要となります。尿失禁にはいろいろな種類があるので、その原因に応じた対処法を考える必要があるのです。自身の尿失禁の原因を突き止めるためには、どのような場面で尿失禁が起きてしまうのかということをセルフチェックして症状を把握することが大切です。尿失禁は、放っておくと切迫性尿失禁を合併してしまったり、尿失禁の回数が増えてしまう重症化が進むことがあるので早めの治療が必要です。重症化すると普段通りの生活が困難になることから、泌尿器科などで早めの治療を受けるようにしましょう。手術やレーザー治療は、すぐに効果が現れるのでおすすめです。また、リハビリや薬物を使用した療法によっても着実に改善へ向かうことができます。

男性特有の病気

男性

前立腺肥大は、男性特有の泌尿器科系の病気です。前立腺肥大の症状は生活に不便をきたすものなので、埼玉にある泌尿器科の専門医院へ足を運びましょう。専門医院では適切な治療を受けることが出来ます。

もっと読む

専門医に相談を

女医

泌尿器科系の病気は、自分でなんとかしようとする人が多いのですが、きちんと専門医に相談することがなければ症状の改善を期待することは出来ません。おかしいなと感じたときはすぐに泌尿器科へ足を運びましょう。

もっと読む

色々な対処法を考える

シニア男性

尿失禁の症状は周りの目が気になる困ったものです。完全に症状を改善するためには、病院での治療が最も効果があると考えられます。一方、自宅で改善できる方法もあるので調べてみましょう。

もっと読む